会長挨拶

一般社団法人日本労働安全衛生コンサルタント会
会長  石田 修


一般社団法人日本労働安全衛生コンサルタント会は、労働安全衛生法(安衛法)第87条の規定に基づいて労働安全コンサルタント・労働衛生コンサルタントを会員として、品位の保持、資質の向上やその業務の改善を図り、我が国の労働安全・衛生水準の向上の向上に寄与することを目的として設立された全国唯一の団体です。

労働安全コンサルタント・労働衛生コンサルタントとは、安衛法の規定に基づいて、厚生労働大臣の行う試験に合格し、厚生労働省の労働安全・労働衛生コンサルタント名簿に登録した労働安全・労働衛生のスペシャリストです。本会には、労働安全・労働衛生に関するそれぞれの専門分野を持った約2,500人の会員が全国で活躍しています。

労働安全コンサルタントの会員は、長年にわたり製造業や建設業などの産業界において「ものづくり」現場の最前線で、労働災害の発生の「可能性」と万が一災害が発生しても危害の「重大性」を減らすことに尽力してきました。また、労働衛生コンサルタントの会員も同様に、産業医や産業保健スタッフとして健康管理や作業環境改善のスペシャリストとして作業環境管理などを通じて職業性疾病の防止、快適職場の形成や健康づくりに挑戦してきました。

本会では、上述の安衛法に定められた業務のほか、一般社団法人として厚生労働省や農林水産省などの行政機関や地方のその出先機関、各地方自治体、災害防止団体、業界団体、全国的に事業展開する企業などからの労働安全・労働衛生一般に関する依頼にも従来にもまして積極的に応じたいと考えています。

労働安全衛生法の施行からしばらくの間は、その普及・定着を目的として、例えば労働衛生に関しては労働衛生の3管理といわれる作業環境管理・作業管理・健康管理が活動の中心でありましたが、その後、人材派遣・請負制度の導入により労働者を取り巻く環境は大きく変化し、それに伴う労働災害の増加が懸念されています。また、最近、特に、注目されています長時間労働に伴う過労死やメンタル不調、さらに石綿をはじめとする発ガン性化学物質による重大災害の発生、受動喫煙など現代は様々な問題が複雑に絡んでいます。そんな時代ですが、私たちは長年産業界で培ったノウハウを持つ専門家として難題に挑戦し続けます。

今後とも、一般社団法人日本労働安全衛生コンサルタント会の活動にご理解、ご支援を賜りますようお願い申しあげます。